[ヘッダーをスキップしてメインコンテンツにジャンプします↓]

[ヘッダーとメインコンテンツをスキップしてナビゲーションにジャンプします↓]

制作・運用 PRODUCTION & OPERATION

Web標準に基づいた制作と予算に沿った運用を心掛けます。マネジメントや進捗効率の管理を大きな視点で捉え、それぞれに情報を共有していくことが重要になります。

[制 作]「制作環境の確認・準備」→「詳細スケジュールの決定」→「制作ルールの決定」→「デザインカンプの調整」→「コーディング」→「プログラミング」→「クライアントチェック」→「校正・デバッグ」→「ローンチ(公開日)」
Web標準を定める団体としてもっとも有名なW3Cによるサイト制作の重要性が高まってきています。なぜならSEOやアクセシビリティ、メンテナンス性、互換性など、Webサイトのポテンシャルを最大限に活かすために必要なガイドラインだからだ。XHTMLによる文書構造とCSSによる見た目の装飾デザインで制作することが基本となるが、Webブラウザによっては表示の崩れやズレが発生することが多くあります。ターゲットのブラウザやOS環境を確認しておくことも重要ですが、CSSハックというテクニックの習熟度が作業効率に大きな影響を与えます。

[運 用]「運用体制の確認」→「予算確保」→「定期更新」→「追加ページ作成」→「リニューアル」→「常時監視体制」→「アクセス解析」→「臨時チューニング」
どんなに魅力的なサイトを制作したとしても、企業側に運用体制が整っていなければ更新が伴わず、情報構造が崩れ、ユーザーが2度と訪れないサイトとなってしまいます。プランニングを仕掛け、サイトを制作しても、運用するための環境が伴わなければ効果はありません。まず人材の確保と情報を共有できる具体的なツールが不可欠です。そして、業務の手戻りや重複作業を無くし、コミニュケーションを綿密に浸透させる場を整え、スタッフのモチベーションを維持ずる工夫を想定しておくことです。専門的なスタッフが業務分担している中での統括的な管理は、かなりの労力と時間を必要でなります。なので、未然に莫大なロスを防ぐような意志統一と、目標に対する考え方の共有が重要になってきます。さらには、そのプロジェクトの進捗情報の共有よりも、さまざまな条件が交錯する中で迫られる意思決定(判断)が、想像以上に時間を遅延させることが予想されます。緻密に練られたガイドラインも一過性のものとして後々まで解釈が定まらない場合も含まれるので、それをケアする体制・責任者の明確化も事前に確認しておくことが重要になります。
 

制作ガイドラインアンケート、正式なご依頼は、以後の話し合いでご検討ください。

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化(対策)のことです。ユーザーがYahoo!JapanやGoogleなどをはじめとした検索サイトを利用して何かを調べた際、公開しているWebサイトを検索結果の上位に表示させるように、Webサイトを工夫して作り込むことです。
Flashとは、手軽に高度な表現力を持ち、ファイルサイズを抑えて作成できるAdobeが提供するムービーアニメーションです。専門のプログラムにより表現が豊かですが、その特性と弊害のバランスを考慮しながら使用するのがポイントとなります。
Webサーバー上(エンドユーザー側)で実行されるプログラム言語で、ボタンのロールオーバーなどの補助的なアニメーションからGoogleMapのようなダイナミックなインターフェースまで不動の地位を得たオープンソースです。
ネットを利用して商品を購入するサイトのことです。その購買行動のモデルとしてAISAS理論(注意→関心→検索→購入→共有)があり、他社とのサービスを比較検討する中で消費者の満足感を満たすことが必要となってきています。
日記や情報発信の場として一般的になりました。その形態も様々で、企業の裏話から製品サポート、社長日記など、建前や本音など消費者が求めている情報をリアルタイムで発信できる特徴があります。
PHP(HYPERTEXT PREPROCESSOR)とはサーバー側で動作するプログラム言語で情報の動的な表示、フォームを通じた入力機能、とくに検索や会員登録などが実装可能です。オープンソフトウェアの導入で開発のコストダウンが可能となり、データベースとの連携を中心とした高品質な構築が実現しました。
携帯電話の高速通信化により、通信機能を利用して携帯電話で金銭の管理を行うモバイルバンキングやオンライントレードがあります。また、動画コンテンツやフルブラウザの端末を搭載した、パソコン向けのコンテンツも閲覧が可能になっています。

お問い合わせ、CONTACT、お見積りのご相談はコチラ

team-6%

W3C XHTML1.0

サイドメニュー底

サイドメニュー底

Copyright (c) 2007 Webサイト制作/ActLink Co,.Ltd. All Right Reserved.

コンテンツ底

コンテンツの最初にもどります。