[ヘッダーをスキップしてメインコンテンツにジャンプします↓]

[ヘッダーとメインコンテンツをスキップしてナビゲーションにジャンプします↓]

調査・企画 RESEARCH & PLANNING

現状の問題点から具体的な分析と戦略設計を見出します。競合他社サイトやベンチマーキングサイトとの比較から調査設計を立て、求められている視点から改善方向を決定していきます。

調 査 「現行サイトの課題」→「評価・分析」→「調査手法を選定」→「他社サイトの調査」→「評価・分析」→「改善の方向性を検討」
現在、自社サイトをリニューアルする意味が問われている時代、他社と比べてユーザーはどのような動機でアクセスしているのか、その分析結果に対する効果的な改善が望まれています。Webサイトの分析は、クライアント自身の戦略企画や施策運営の前提と捉えられても、もはや間違いではありません。重要なことは自社サイトの分析だけでは限界があるので、一般ユーザーの視点で他社の評価、分析が改善の基準値になるということです。市場のなかでの戦略的な目標地点を定め、他社に負けないような施策を施していく必要があります。これは同業界ではないような競合しない他社からのほうが、具体的に参考となる具現化できるヒントが多く盛り込まれているケースが多くあります。

企 画「オリエンテーション」→「企画立案」→「サイトマップ作成」→「ワイヤーフレーム作成」→「デザインカンプ作成」→「システム設計」→「プロモーション構想」→「見積書作成」→「スケジュール作成」→「プレゼンテーション」
目的のなくして商業サイトが作られることはほぼ無いのに対して、目的が明確でないサイトは多数見受けられます。再度、なぜサイトを作るのかシンプルに考え直してみる必要があるかもしれません。企業やサービスの知名度向上、実店舗への誘導や資料請求、商品に関するサポート、顧客や会員応募者の増加など、実現に向けての目的を明確にする。そしてスケジュール日程や予算に合わせて、最終的なゴールへ至る道のりを段階的に設定しています。その中で現在どこまで具体的な設定をしておく必要があり、何が優先して達成されるべきか、どこまで制作すればいいか、などをあらかじめ関係者同士が摺り合わせておきます。

設 計「作業項目の決定」→「ディレクトリマップの作成」→「使用プログラム決定」→「デザインガイドライン策定」→「スタッフの決定」→「Webサーバーの仕様決定」→「運用計画」
サイト制作するには多くの専門スキルを持ったスッタフが、完成までの長い道のりを同じ目的と情報をブレずに共有していくことが重要になってきます。その構築過程での設計フェーズをプロジェクトの初期段階でしっかりと行わなければ目的に到達するのが難しくなります。どのようなコンテンツが必要で、どのスタッフに最低限伝え、どのようなシステムと構造でその効果を導き出すか、青写真を検討しておかなければなりません。無秩序な情報が膨大な選択肢を持ってしまうので、提供する意図や受け取る側の対応方法なども決めておくことが望まれます。
 

制作ガイドラインアンケート、正式なご依頼は、以後の話し合いでご検討ください。

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化(対策)のことです。ユーザーがYahoo!JapanやGoogleなどをはじめとした検索サイトを利用して何かを調べた際、公開しているWebサイトを検索結果の上位に表示させるように、Webサイトを工夫して作り込むことです。
Flashとは、手軽に高度な表現力を持ち、ファイルサイズを抑えて作成できるAdobeが提供するムービーアニメーションです。専門のプログラムにより表現が豊かですが、その特性と弊害のバランスを考慮しながら使用するのがポイントとなります。
Webサーバー上(エンドユーザー側)で実行されるプログラム言語で、ボタンのロールオーバーなどの補助的なアニメーションからGoogleMapのようなダイナミックなインターフェースまで不動の地位を得たオープンソースです。
ネットを利用して商品を購入するサイトのことです。その購買行動のモデルとしてAISAS理論(注意→関心→検索→購入→共有)があり、他社とのサービスを比較検討する中で消費者の満足感を満たすことが必要となってきています。
日記や情報発信の場として一般的になりました。その形態も様々で、企業の裏話から製品サポート、社長日記など、建前や本音など消費者が求めている情報をリアルタイムで発信できる特徴があります。
PHP(HYPERTEXT PREPROCESSOR)とはサーバー側で動作するプログラム言語で情報の動的な表示、フォームを通じた入力機能、とくに検索や会員登録などが実装可能です。オープンソフトウェアの導入で開発のコストダウンが可能となり、データベースとの連携を中心とした高品質な構築が実現しました。
携帯電話の高速通信化により、通信機能を利用して携帯電話で金銭の管理を行うモバイルバンキングやオンライントレードがあります。また、動画コンテンツやフルブラウザの端末を搭載した、パソコン向けのコンテンツも閲覧が可能になっています。

お問い合わせ、CONTACT、お見積りのご相談はコチラ

team-6%

W3C XHTML1.0

サイドメニュー底

サイドメニュー底

Copyright (c) 2007 Webサイト制作/ActLink Co,.Ltd. All Right Reserved.

コンテンツ底

コンテンツの最初にもどります。